写真集「STAGE」発売記念スライドトークショー@SIDECAR愛知

夏休みを利用して開催した MIHO Furuse Photography 2nd Photobook 「STAGE」の発売記念スライドトークショーの好評を受け、「ぜひウチでも開催しましょう!」と提案していただいた、愛知県刈谷市にあるスノーボードプロショップSIDECARさんの主催で、10月21日(土)同イベントを開催しました。 このシリーズイベントは、私が2002年の冬シーズンから撮りためた、白馬・小谷村の雪景色とそこを滑るスキーヤー、スノーボーダーたちの軌跡を1冊のフォトブックとして出版し、その発売記念イベントとして、この一冊には入りきらなかった写真や、作品に込められた思いをありのまま聴衆に伝えるスライド&トークショーとして開催しています。 (※製作に至るまでのお話はこちらから。クラウドファウンディングは終了しています。) これまでに秋田、愛媛、高知と開催し、今回で4回目のイベントになりますが、どちらのイベントも、この写真集「STAGE」の製作段階からサポートしていただいたり、応援していただいている購入者の方々からのご紹介がキッカケになっていて、改めて”人の繫がりの有り難さ”に頭があがりません。 この日は、「日本列島に大きな台風が接近中!」で西日本はすでに警戒態勢に入っていて、実際に台風の影響で来られなくなった、というお客さまからの連絡も数件あったとのこと。 当初計画していた、お店の内も駐車場もふんだんに使って、ご来場いただいた方々と秋の夜長を楽しもう!というアイデアも断念、急遽、店内のディスプレーを移動し、室内上映ができる仕様になりました。(早くからご来場いただいていたお客

スキー専門誌「Bravo Ski vol.2」本日発売!

自分の四半世紀を振り返るために書き始めたブログ「雪の写真家への道のり」の2回目を書き終えて一息ついたところでようやく手にした雪の季節到来を告げる一冊。 グラビアページで感嘆し、毎回楽しみにしているインタビューページへと読み進む。 やはり、人に歴史あり。十人十色の人生を垣間みるのはとてもワクワクする。 そして今回、とても共感し、圧倒的にインパクトを残したのはスキーフォトグラファー、グラント・ガンダーソン氏の特集ページ。 彼の素晴らしい作品の数々にも魅せられたが、インタビューから伝わる彼の人柄や考え方に、とても親近感が湧いた。スノーフォトグラファーの今をときめくスーパースターで、私の経験値とは雲泥の差があるのだけれど。 それにしても、自分の回顧録を書いているときに、レベルが桁違いの同業者の圧倒的な人生録を見せつけられるとは。 これはまた、私の人生に何かしらの影響を与える出来事に違いない。 これが、手に取れる書物の良いところ。 「Bravo Ski vol.2」本日発売です!!

雪の写真家への道のり 〜25年の軌跡②〜

「雪の写真家」なんて、偉そうに、自分を鼓舞するようなタイトルをつけてしまったが、元はフツーの(いや、昔の写真を見る限り、ちょっと変わった?)女の子だった。 進学とともに大阪に上京し、一途に夢に向かって突き進んでみたものの、現実はそんなに甘くはなかった。(これまでの話)儚くも当時の夢は破れてしまったが、“ジャーナリストになる”という新たな目標(本来思い描いていたハズの職業)にも思い至らず、でもどこかで海外を華麗に飛び回るイメージは残っていたので、英語の語学力を延ばすことが自分にとって必要だということを感じていたこともあり、一つ二つ仕事を転職したのち英会話学校に勤務することになった。 勤めた学校は大学の生協を通じて生徒を募集している学校だったので、生徒の多くは大学生で、将来海外の大学に編入を希望していたり、短期留学のための下準備として英会話を習得するために通っていた。自分が在学中に短期留学を経験したり、アメリカ大陸を横断したりと少しだけ海外生活を経験していたことと、社会人ということで、学生生徒たちには多少、先輩風を吹かせていたが、自分とそれほど年端の違わない生徒たちとは仲が良く、たびたびいろんな相談ごとを持ちかけられた。 ある日、スクールの授業が終わった後、数人の生徒が「ワーキングホリデー制度」について質問してきた。どうやら“海外で働きながら休暇を過ごすための制度”らしい。 海外で働く? そのためには「ワークビザ」が必要なのでは・・・。 “海外で働く”キーワードについては、それまでに幾度となく引っかかることがあったので、自分なりに調べてはいたが、「ワーキングホリデー制度」のことを知

雪の写真家への道のり 〜25年の軌跡①〜

昨日、45歳の誕生日を迎えた。 自分が想像していた「45歳」って、もう人生の酸いも甘いも経験した落ち着いた大人の女性になってるはずだった。 でも、私ときたら、未だに海だ、山だとかけずり回ってる。 母の歳で考えると、娘の私はすでに20歳を迎える歳だったというのに‼️ 先月、20歳になった姪の誕生日にメールでやりとりしながら、自分の歳を考えた。 そして、過ぎ去った時間の記憶をたどりながら、自身の25年間を振り返ってみることにした。 小2のときから毎週欠かさずお父さんと見ていたTV番組「兼高かおる世界の旅」に魅せられ、将来は「兼高かおるさんのような職業に就く」ことが夢だった。 だけど、職業を選ぶ段階で間違えたのだろうか、いつの間にか私の目標は兼高さんのような“ジャーナリスト”ではなく、“国際添乗員”つまり、”ツアーコンダクター”になることに変わっていた。 海外を飛び回る”ツアコン”を目指して短大では英文科を専攻、在学中には国内添乗員のアルバイトをしながら順調に海外添乗員への目標へと進んでいた。。。はずだった。 しかし、1991年のバブル崩壊による経済不況の波は、内定がほぼ決まっていた大手旅行会社の内定条件さえ引き上げ、私は敢えなくそのフルイに落とされてしまった。 途中、方向性が変わってしまったものの、小学生のときからの「夢」を一気に見失ってしまった私には、その次に打つ手すら分からない状態だったが、田舎育ちの自分がせっかく都会に出てきたチャンスなんだから、とりあえず、興味をもったことにドンドン進んでチャレンジしてみよう!と、今思えば“前向き”に“貪欲”に突き進んだ時代だった。 そんなと

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square

ロケーション撮影は「イメージクリエイトあ・うん」へ

To the website of location shooping [Image Create AH-UM]

​ お問い合わせ/ 長野県北安曇郡白馬村北城13584-5                           info@mihofuruse.com

  • Facebook Basic Black
  • Black Instagram Icon

All right reserved  © Miho Furuse Photography